ショップの選び方

    ペットショップ選ぶ

    ペットブームにより、子犬や子猫などをペットショップで購入する方が増えています。ペットショップの中には、生体を扱っているのにも関わらず、知識不足や管理を怠っているところもあります。健康な子犬や子猫を購入するためには、良い店を選ばなければなりません。優良な店を見分けるコツは、ショップにいる動物に愛情を感じられるか否かです。子犬や子猫などがいるショーケースの中の清潔度をチェックし、糞尿が適切に処理されていない場合、店内に悪臭が漂っている場合は要注意です。また、子犬や子猫をずっとショーケースの中に入れっぱなしの店も良くありません。時間を決めて、広いスペースで遊ばせ、ストレスを与えないように配慮しているのか、スタッフに質問してみましょう。まだ母親のもとで育てるべき時期の、生後間もない子犬や子猫がいる店、違う種類の子犬や子猫が同じショーケースに入れられている場合も注意が必要です。感染症などの知識不足、利益優先の店と判断するべきです。必要な時期にワクチン接種をしているかどうかも重要です。ワクチン証明書を必ず渡してくれる店を選び、購入後のアフターケアが充実しているかどうかも判断基準となります。これらは最低限の基本的なポイントです。

    ブリーダー選び

    ペットを飼う人はほとんどはペットショップで飼い、ペットブリーダーからペットを購入することなんてないのです。 そもそもペットブリーダーとは自分が好きな犬種の犬の質を向上させようとする目的でブリーディングをしている人のことで優秀な犬種の遺伝子を残すことと遺伝性疾患などを防ぐなどをしメス犬の欠点をオス犬が補うようになるように様々な努力をし犬に負担がかからないようにしています。選定のポイントは犬種は1犬種のみで飼育管理、衛生管理、健康管理などを徹底的に怠ることない人が選定基準を満たしているのです。 繁殖業者という反対な行為をしている人もいます。 利益だけしか求めず犬の気持ちを微塵も考えないで利益のことしか頭になく、メス犬が産めない体になったり、病気になったら山の中に捨てたりしたり、殺したりするのでそういう業者から買うことは絶対にしてはいけないのです。 繁殖業者は飼育環境も最低で飼育スペースもろくに確保しておらず一生ゲージに入れられたまま一生を終える犬種や交尾をしない犬たちに虐待をして無理やり、嫌がっていても交尾を人間の手を使ってするのです。 そんな業者がいなくなるように見つけたら即座に通報することが大事です。 犬も生き物で心もありますし、自分がされたら嫌なことは人間だけではなく、他の動物もされたくないのです。

    ペット選び

    ペットと一緒に暮らしていると日頃のストレス解消や癒しになるなど、飼っている人には大切な家族の一員となっています。これから、ペットを飼おうとする人にとって選び方にはどんなコツがあるのでしょうか? まず、飼えば家族の一員になるのですから、家族の人全員が賛成していることが大切です。動物が苦手な人がいる場合、十分に話し合って決めることです。また、家族に動物アレルギーの人がいないことを確認しておかないといけません。アトピー、喘息などの病気を持っている人が家族に入る場合、症状が悪化する場合もあるので注意が必要です。 次に、住まいが一戸建てでなく、アパートやマンションなどの集合住宅の場合、動物を飼えない規則になっていることがあります。飼っていい場合でもとなりの部屋の人の許可などが必要な場合もあるのでしっかり確認してから飼うことを決めましょう。 そして、飼おうとしている動物の飼い方を調べておく必要もあります。長い間生活を共にするわけですから、飼う人とライフスタイルの合った飼い方ができるのも重要です。また、実際に飼うとなるとエサの費用や飼うための必需品の費用がかかります。飼う動物によってはかなりの費用が必要になるため、そんなこと考慮して種類を選びましょう。 さらに、病気やケガをした時、安心して見てもらえる病院を見つけておくこと、治療費もかなり高額になることもあるので費用が負担できるかも合わせて確認しておくことです。